toggle
2018-01-25

ダウンベスト


ずいぶん昔に海外で購入されたというダウンジャケットのリフォーム。

依頼主で建築家の高木さんが、現場で使用していたとのことでだいぶ年季が入っていました。

今は安くても良いダウンがあるし、リフォームするほうが高くついてしまうと心配しましたが、

高木さんから

  • 「理想のものがない」
  • 「ダウン自体はかなり良い品質のものらしい」
  • 「道具を入れられたら面白そう」

ということを聞き、進めることになりました。

初めてのことで、色々と調べながら慎重に気を付けていたけれど、それでも想定外に、沢山の難所があり、時間もたっぷり頂いてしまいました。

最終型に辿り着くまでは、不確かなものを探り続けるので楽しいばかりではないです。ただ苦しみがあるとしても一瞬にして喜びに変わっているような気がします。手を動かしながらぐっと集中する過程が、かけがえがない。

そこで、よく考えるのは「何を作っていくのか、誰のものを作るのか」ということ。
これまで、気が付けば20年ほど、ご縁のある方に頼まれたものを作ってきました。それが時にはCMの衣裳だったりすることもありました。

受け身ではありますが、基本何でもやってみようと思うので、初めてのことも多い。案外チャレンジです。幸い、それが私にとって心地よい流れ。

そんな話を高木さんにしたら、高木さんも同じようにされていて、今進行している建物も前例のないものらしく、聞いただけでワクワクしました。

次回も高木さんから私への依頼はチャレンジなものになりそう。応用力と瞬発力を鍛えてお待ちすることにします。

関連記事